fbpx

インタビュー記事:Mark Olsen先生

FOR ME NEW YORK
【インタビュー記事】

第六回ゲスト:Mark Olsen先生

ニューヨークにある演劇映画学校NEW YORK FILM ACADEMYミュージカルシアターの学長であり、名門ジュリアードでは招待教授としてアクションやムーブメント、演劇を中心に教鞭を取っているMark。数々のブロードウェイスターを生み出してきたMarkをゲストに迎え、日本人でミュージカルを学んでいる人や、ミュージカルを志している人へのメッセージも含めた質問を投げかけました。

1.How would you make you feel better when you feel disappointed?
何かに落ち込んだ時、がっかりした時、どのように自分をケアしますか?

I rely a lot on writing.  I have written several books and am always working on a new story or a play and when disappointed in one area of my life I turn to another area where I know I can feel some creative and positive energy flowing. 

執筆活動をするようにしています。何冊か本を書いているし、演劇の脚本も書いています。一つのことで落ち込んだときっていうのは、僕の創造性が豊かになったり、ポジティブな考え方が生まれるときなんだ

2.How would you make you feel better when you are mad?
怒りの感情があるときはどう向き合いますか?

I have adopted a practice of seeing the world through a comic lens.  I get mad like anyone else, but I have increasingly managed to laugh and to drop the emotional charge swiftly.

僕は物事をなんでもコメディ調で見るようになったんだよ。だから、みんなと同じように怒りを感じることもあるけれど、それさえも笑って楽しめるようになったんだ。

3.What’s your morning routine?
朝のルーティンを教えてください。

I arise early to do my Tai Chi or a light warm up, I take care of getting some breakfast items going and then when my wife gets up we chat about our day and often dash out the door to catch the subway train together toward our separate workplaces.

朝は早起きして太極拳をやったり軽い準備運動をしてから朝食の準備のために買い物に行くんだ。妻が起きてきてからは妻とおしゃべりをして、お互いの仕事場に向かうために二人で駅まで猛ダッシュをするよ。

4.What’s your motivation or passion for your work?
仕事に対するモチベーション、情熱はなんですか?

I am primarily a teacher and it is an enormously meaningful and satisfying calling.  My theatre work as a performer or director has the great motivation of satisfying my deep curiosity and accomplishing artistic goals.

僕は今、教育者として活動しているけれども、この仕事は非常に有意義で素晴らしい仕事だよ。
僕のパフォーマーや演出家としての仕事は僕自身の好奇心を満たしてくれるし、芸術家としてやりたいことを達成できる仕事だよ。

6.What’s your quote?
あなたの名言・格言はなんですか?

Pain is inevitable, suffering is optional.
痛みは必然的なものだが、 苦しむことは任意だ。

7.If you could give advice to your younger self, when you were 18 years old, what would you say?
もし自分の若い頃、18歳の自分に何か声をかけるのなら、何を伝えますか?

Relax.  You are enough.
リラックスして。君はもう十分だよ。

8.How did you make your dream come true?
どのように夢を叶えましたか?

I made a vow to be an artist or starve.  I was willing to face death.
僕は芸術家になるか、餓死するかのどちらかをすると自分自身に誓ったんだ。あの頃の僕は、死を恐れないほどに芸術に心酔していたよ。


9.What was your turning point in your life?

人生のターニングポイントは何ですか?

I met a teacher in Boulder Colorado who pointed out to me the deep spiritual connections of my work in theatre.

僕自身と演劇が深い部分で繋がっていることを教えてくれた先生に、コロラド州のボルダーで出会ったことだね。

10.What was the best decision in your life?
今までした中で最高の選択は何?

Deciding to take the risk and travel to New York to audition for the Broadway show, MUMMENSCHANZ.

NYに行ってブロードウェイの作品「MUMMENSCHANZ」のオーディションを受けるって覚悟を決めたことかな。


11.What’s your dream in 5 years?

5年以内の夢は何ですか?

I hope to return to more performing.  I have specific goals as a physical comedian. 

パフォーマンスをもっとやっていくことかな。フィジカルコメディアンとして特別なゴールがあるんだ。


12.What’s your strength, and how did you find out?

あなたの強みは何ですか?また、それをどうやって見つけましたか?

I discovered I had a genuine strength as a movement performer when as a young teenager I joined a fledgling mime troupe and I quickly rose to the top, becoming a lead player. 

10代の時に新しいマイムの一座に入っていたんだけど、すぐさまそこで一番になってリーダーになったんだ。その時に、ああ僕は身体的によく動けるパフォーマーだって気づいたんだ。

13.Why did you choose Musical theater for your career ? 
ミュージカルを自分の仕事にした理由を教えてください。

I love Musical Theatre and have been in musicals in school and have directed many Musicals in the academic world.  It sort of was always around in my life and I discovered, especially as a director, that I had strong skills in that genre. 

学生の頃からミュージカルが大好きで、多くのミュージカルを大学機関でも演出してきたからね。ミュージカルが常に僕の周りにあったんだ、そして演出家としても特にミュージカルというジャンルが得意だって気づいていったんだ。


14. What was the best moment to be a performer ?

パフォーマーとして一番素晴らしかった瞬間はなんですか?

 I don’t have a best moment, but one highlight for me was when, many years ago, I was one of three performers who were selected from the Broadway production of MUMMENSCHANZ to form the international touring company.  I traveled the world and performed in a fantastic mask/mime show. Wonderful and educational and loads of fun.

一番素晴らしかった瞬間!ていうものがないけれど、僕はブロードウェイショーのMUMMENSCHANZが世界ツアーにいった時に、ブロードウェイのキャストから3人だけ選抜されたその中の一人に選ばれたんだ。最高のマスクショーやマイムショーをやりながら世界を旅して、素晴らしい教育も受けられながら、楽しい経験ができたよ。


15.What was the hardest time in your life as a performer  ?

パフォーマーとして一番大変だったことは?

I was cast in a musical production of a children’s show and then my son was born and it was a struggle to maintain my work load during those early days
児童の為のミュージカル作品に出ていた時にちょうど息子が生まれたんだ。その頃は仕事と家庭の両立の仕方に苦労したよ。


16.I cannot speak English well, but I want to study musical theater in NY. Do you think is it possible ? 

日本人の方からの質問です。アドバイスをください。”英語が話せない、でもミュージカルを本場NYで学びたい、出来るかどうか不安です。”

Yes.  There is evidence of that goal being very possible.  Not easy, of course, but possible. 

もちろん。証拠だってあるからね。もちろん簡単ではないけれども可能なことだよ。

17.Could you give some message for Japanese youth theater performers?
日本で頑張っている若いパフォーマーたちに何かメッセージをいただけませんか?

The Japanese culture has already gifted the world with many forms of vibrant and highly potent theatre expressions.  The majority of those expressions are devoted to highly disciplined forms of theatre with the focus on style, spectacle, and deep explorations of the spiritual dimension.  I sense that at this time, young Japanese theatre performers could benefit from absorbing and mastering western acting, directing, and designing techniques with an eye toward reinventing them by blending or filtering them through the modern Japanese artistic sensibility.  Much of that work would benefit from a stronger focus on content. What are the new Japanese stories dealing with social issues and the many modern forces shaping the lives of citizens of all ages.

日本の文化は多くの方面で世界を豊かにしています。舞台芸術での表現も非常に優れていますね。日本には形式を重んじて、舞台美術、深い部分での精神的な世界を表現するものが多いと感じます。これからの日本の役者さんたちには、その日本の表現方法を軸に、西洋の演技法、演出法、デザインなどを取り入れ、その内容(コンテンツ)に重点を置いた、例えば最近の社会問題などを取り上げた近代芸術作品作りを続けていって欲しいと思っています



FOR ME NYは、
「今のあなた」と「なりたいあなた」を繋ぐ架け橋となることを目指します。

ブロードウェイやハリウッドを中心に活躍するプロの指導のもと、

「やってみる」「なってみる」ことを通じて3つの力を向上させます。

・自分自身を再発見する力
・自由に表現する力
・グローバルな環境で他者と協働する力

私たちは、あなたの個性に合わせた、
これまでとは全く違う学びの機会を提供するコンサルティング会社です。

 

 

About the author

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。